<   2009年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

出てきた牛



草丈が伸びてきたので牛が牛舎から出てきました。

f0068385_6214863.jpg





長い間のきゅうくつな牛舎暮らしから解放されて、嬉しいだろうなぁ。

f0068385_622929.jpg





うちの裏にも入ってきました。

f0068385_622458.jpg




f0068385_6231355.jpg





ティエタがおとうさんのガーデニングの手伝いをしていると・・・

f0068385_6234087.jpg












夕方牛舎に戻る牛の行列でございまいた。



f0068385_6241660.gif


さ~て ピレネー不動産旅行の続きです。

本日はヴァル・ダザンのちょっと北のベルゴンスというところです。
ヴァル・ダザンは有名で観光客も多いのですが、ベルゴンスはひじょーに静かです。

小さい村を通り過ぎて、なおもどんどん行って、舗装された通りから土道に入って1キロくらい行ったところ、道の一番奥の物件でした。

f0068385_6245767.jpg





これは元家畜小屋ですが、すでに居住用家屋になってから久しく、2000年の規制法規ができる前にしっかり改造しちゃったので、何もかもそろっていて(ディーゼル発電機、井戸水配管、プロパンガスなどなど)シャワーもあるし台所もあるし、発電機や洗濯機などをいれる物置は別棟に建ててあるし(そういうことは今はもうできません)、おとうさんの出る幕はなさそうです。

f0068385_6255125.jpg



f0068385_6261418.jpg




中はこういう感じ。

f0068385_6263989.jpg




台所も完備。 もうマッタクすぐに入居して生活できる状態です。

f0068385_6274863.jpg





二階はこういう具合です。

f0068385_6281097.jpg





土地は2ヘクタールくらいあって、やや傾斜しているものの、ほぼ平ら。
ただ、ベルゴンスというところは真ん中が湿地なので、この土地もしたのほう3分の1くらいはべちょべちょの湿地状態。
家の横にも小川が流れています。
しかし家そのものは整地したとはっきりわかる高台に建てられていて、家の前も石を敷いてテラスにしてあるし、そのそばには西日よけの杉林が植えられているし、まぁよく出来ている建物ですね。

f0068385_6283921.jpg





難点は家がちょっと小さすぎること。
内装が気に入らないこと。
気に入らない内装というのは何も無いよりももっと困るんですよねー
壊すのは造るのよりももっと大変。お金もかかるし。

それと、これだけちゃんとした物件であるからにはお値段のほうもなかなかいたしますね。
今までに見たものによっては2倍くらいの値段です。

環境はとても気に入ったのですが、これ買うと、ほんとおとうさんの出る幕なしですよね。




さぁピレネー不動産、どうなるでしょうか。
まだ、これで終わりではないんですよ。
皆さん自分の気に入ったのを選んでくださいね。


どうなることやら、全然無関心の(今のところは)
ティエタ女王を応援してくださる皆さん方は
こちらをポチッポチッとして足跡を残していってくださると嬉しいです。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


いつもありがとうございます!
[PR]
by tieta4u | 2009-05-03 06:32 | Tieta

帰り道



さぁ 帰ろう

f0068385_6575945.jpg





むっ

f0068385_6582829.jpg





何?

f0068385_6585779.jpg





寄り道したいのかな?

f0068385_6592111.jpg





それじゃ・・・

f0068385_6594450.jpg





すりすりすりっ

f0068385_70972.jpg





・・・・・・

f0068385_703153.jpg





・・・・・・

f0068385_705812.jpg





・・・・・・

f0068385_712370.jpg






二人の間には交流がありますねぇ


称して帰り道の叙情であります・・




f0068385_721169.gif



さて~ ピレネー不動産行脚も佳境に入ってまいりましたね
ご紹介しているのは不動産を見に行った順番どおりなんですよ

今日から今までとは違う谷になります。
先日ご紹介したヴァル・ダザンという谷ぞいになります。


まずはこちらから・・・

f0068385_73411.jpg





これは今までのうち、景観が一番素晴らしかったです。
標高も多分一番高いですね。
ただし、そのぉ、すごい斜面です。
下から見るとこういう感じ。

f0068385_732970.jpg





中はこういう感じで、やっぱりコンクリートの床を打ちっぱなしのがらんどうです。

f0068385_735088.jpg





上から見下ろすとこういう具合で、つまり2階の床は殆ど無しの状態です。

f0068385_748100.jpg





この建物はあんまし手を入れてないので、屋根にも壁にもほとんど窓がありません。
先日記事にしたように、2000年以降は屋根や壁に穴をあけることはできないので、つまり暗いのが欠点ですね。

もちろん電気なし。井戸水もひいていなくて、ただ地下水がありそうなので、井戸を掘らないといけないということです。

土地は3ヘクタールついているのですが、ものすごい斜面だし、第一、かなりしっかりした四輪駆動でないとここまであがってこられません。
ちなみにうちの車はトヨタのRAV4ですが、これでは無理でした。持ち主さんのパジェロでもだめ、ということでした。パジェロから乗り換えて、日産のナンとかかんとかいう、見た目より実用!風のぼこぼこへっこんでいる四輪駆動であがりました。


持ち主さんの言うことには、以前この家畜小屋は今のところより50メートルほど西よりにあったのですが、地滑りで倒壊したので、今のところに移して再建したのだそうです。
ぐえ~っ
そういえば、まさに地滑り、雪崩の起こりそうな地形ではあります。
なんぼ見晴らしがよくてもちょっとねぇ・・・

谷の向こう側にわたって、見たところはこうなります。

f0068385_752057.jpg





3ヘクタールの斜面に生えている木の管理も家に行くまでの土道の維持もめちゃ大変そうです。
素晴らしい景色なんだけどなぁー
もう一つ難はこの小屋の後ろにやっぱり人に住んでいる小屋があって、その人は10月ころに渡り鳥のハンティングをするのだそうです。
おとうさんも私もスポーツとしての狩猟は賛成できなくて、ハンターというのはどうも信用できないというか、はっきり言って、嫌いです。
そういう人が住んでいるところにティエタを自由に出すのはとても・・・ねぇ




なかなか全部いいというわけにはいきませんね。
一長一短、それぞれ個性があって面白いと思ってくださる皆さん方は
こちらをポチッポチッとして足跡を残していってくださると嬉しいです。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


いつもありがとうございます!
[PR]
by tieta4u | 2009-05-02 07:12 | Tieta

頭はどこだ


おっ

f0068385_5361042.jpg





くんくん くんくん   匂うわね~

f0068385_53651100.jpg





あっ こっちの方が面白そう・・・

f0068385_5371523.jpg





ふぅむぅ~

f0068385_5374858.jpg





・・・・

f0068385_5381655.jpg





おいおい

f0068385_538509.jpg






もんのすごく首つっこんでますね^^;




f0068385_549267.gif



連載 ピレネー不動産旅行記です。

本日の物件は昨日ご紹介した元家畜小屋から車で約20分。
こっちのほうが環境としてはいいところです。

屋根は新しくしたばかりです。
スレートのぴっかぴか。

f0068385_5393154.jpg





木製のテラスもあります。
・・まぁこんなもの、おとうさんなら作れるけど・・

ここから冠雪した山々が遠望できるし、テラスの前には山桜が咲いていました。

建物もなかなかしっかりしていますね。

f0068385_5405781.jpg





中はこういう具合にコンクリートを床に流しただけの何もなし。

がらんどうです。どうにでも内装できますね。

f0068385_5411939.jpg





二階はこういう具合。
以前は両端の窓からこのフロアに干草を入れたものなんですね。
下が家畜小屋だったわけです。

f0068385_542174.jpg





居住面積は125㎡、土地は1500㎡ついています。
昨日の物件と同じで平たいところは家の周りだけ。
もっと土地は買えるそうですが、あとは斜面なので、買ってもしゃあないという感じです。
ここも電気なしの井戸水です。
昨日のよりはこちらのほうがお値段も高いですが、その分屋根が新しいですもんね。

さて、皆さんのご意見はいかがでしょうか。
まだ続くんですが、最後に皆さんのお気に入りを選んでもらえたら面白いかな。




アルプスでは大動物ではイノシシ、鹿がいます。
ピレネーには以前は熊がいたんですが、絶滅したので、現在再導入の計画実行中です。
おとうさんの音楽友達がこの近くに住んでいて、本職は野生動物の管理で、熊の管理もそのなかに入っているそうです。
導入計画には賛否両論ですが、熊は羊の群れなどを襲うので、農家の人たちは大体反対が多いようです。
日本も結構熊がいますよね。
北米にも一杯いるし・・
一旦絶滅すると、共存の習慣がなくなって、再導入というのは難しくなるんでしょうか。

あ~
いずれにしても熊にもイノシシにもあんまり会いたくないです。
鹿はしょっちゅう出くわしております~。


あんなに頭をつっこんだら
だれかに鼻先をかじられるんじゃないかと
ティエタを心配してくださる皆さん方は
こちらをポチッポチッとして足跡を残していってくださると嬉しいです。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


いつもありがとうございます!
[PR]
by tieta4u | 2009-05-01 05:50 | Tieta