「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

圧巻モンブラン



f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif




アルプス旅行記最終回です。

本日はフランス側。
ヨーロッパ最高峰、モンブランです。
でもモンブランに登ったわけではなく、向かい側のエギュイ・ルージュに登って、モンブランの景観を満喫しているのです。


イタリアからグランサンベルナールのトンネルを通って(モンブラントンネルを通るともっと速いのですが、閉所恐怖症の気のあるおかあさんはおっかないので回避)シャモニー方面にむかって、峠を越える。

f0068385_571924.jpg


むぅ、美しい。


アルジャンティエという村で一泊。
ホテルについた後のモンブランの様相。
これで夜9時過ぎです。

f0068385_574615.jpg


さて、明くる日、例の如く、えっちらおっちら。

f0068385_58669.jpg


本日のスターはこの方たち。
ブクタンといいますが、すっごい大きな角のある山羊みたいな動物です。
ここは保護地区なので、人間なんかへのかっぱです。
完全無視。

f0068385_582750.jpg


人間が敬虔になる時間・・・

f0068385_585015.jpg


モンブランの景観で圧巻はやはり氷河です。
いくつもあるのですが・・
とにかくすごいです。

f0068385_591496.jpg


食べ散らかした生クリームに見えたり・・・

f0068385_593826.jpg


象の鼻に見えたり・・・

f0068385_595994.jpg


とにかく美しいのです。

f0068385_5103121.jpg


おっと、おとうさん、食べ散らかした生クリームの前でポーズ。

f0068385_5105322.jpg



この壮大なモンブランの景観の中をゆらり、ふらり、ええっと、なんというのでしたっけ、
パラセイルかな・・・ええなぁ、ゆらり、ふらり、見ていると怖いけど、きっとすごいいい気持なんだろうなぁ・・・

f0068385_5112638.jpg


スター、再び。
おーい、何やってんねん。

f0068385_5115140.jpg



モンブランの全景とのんびりパラセイル、そしてスターのブクタンを動画でどうぞ。





ヨーロッパ最高峰はやっぱりええなぁと
思っていただけた方はこちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-31 05:17 | アルプスの自然

牛、牛、牛



f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif




本日の目標はこちら。
といっても冠雪している一番高い山に登るわけではありません。
こっちの方角というだけのおはなし。

f0068385_5472322.jpg


ひいはぁ登っていくと、ぎょっ。
こんな急斜面をゆうゆうと牛の行列。
しかもだ~れも付き添いなし。
いいんだろうか。
迷子にならないのかなぁ。

f0068385_5474512.jpg


しばらく行くと、ひらけた処に子牛も含めた牛の群れ。

人間だ、人間だよっ。
どきどき、わくわく。

f0068385_548668.jpg


どれっ、ちょっと私にも見せてっ。
何かくれるのかなっ。

f0068385_548256.jpg


成牛はこちら。
どだっ、すごいだろう。

f0068385_5485884.jpg


などと言いながら、えっちらおっちら登り続けると、渓流にさしかかります。

見たような風景だなぁと言わないで下さい。
氷河のある高山はこういうパターンなんですよね。

f0068385_5492253.jpg


だが、しかし、ここは今までのところと違って、すごい広い湿地になっていて、それが美しいのです。

f0068385_5494997.jpg


ずんずん登っていって、上から見たところ。

f0068385_5501254.jpg


ぐるっと周りの山をまわって、今度は別の道から降りてくるところ。

f0068385_5503577.jpg


やれやれ、大分降りて来たなぁと思うと・・・
あ~っ!
登ってくる時にいた牛がちょっと降りて、狭い山道を塞いでいる!

f0068385_551480.jpg


あの~ですね、そこ、通していただけるでしょうか。
『だめっ』

f0068385_5512676.jpg


『なんかくれるのなら、考えてあげてもいいわ。』

f0068385_5515219.jpg


『えっ、なんかくれるの?』

f0068385_5521728.jpg


『ぶるぶるぶるっ。私にもちょ~だいっ。』

f0068385_5571890.jpg


これは成牛でかなりでっかいです。
でも、可愛い。
目元とか。
この口元がなんともいえないです~。
もちろん、何にも食べ物はあげていません。
期待はずれでごめんね。

f0068385_5541840.jpg



この日は特別牛三昧でした。
動画でどうぞ。
牛の鼻息がうるさく入っています、要注意です(笑)。






なんでも子供の頃は可愛いけれど
この子牛たちは特別可愛いと思われた方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-30 05:58 | アルプスの自然

アルプス登山2



f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif




引き続きイタリアアルプス登山記です。

前日登ったダム湖の逆側を登ります。

f0068385_352440.jpg


おとうさんが道の上にぽっちり写っていますがわかるでしょうか。
アルプスにいるとなんでも小さく見えます(笑)。

f0068385_352299.jpg


半壊状態の夏の牛小屋。

f0068385_3525129.jpg


今頃になって地図を睨んでいていいのかなぁ。

f0068385_3531329.jpg


ズームアップ。
灰色のところは氷河が融けた所です。
氷河は下の岩を押しつぶしていくので、こういう砂利状態になるそうです。

f0068385_3533853.jpg


こういう高い山にもいるんですね、牛の群れが。
すごい急斜面でもへっちゃらで歩きます。

f0068385_3535796.jpg


再び、おとうさんが写っているのがわかります?

f0068385_3541564.jpg


あっちに見える山はちょっと不気味で怖かったです。
ここを歩いている時、風もきつかったし・・・
一番怖いのは雷がなることですね。
でも無事帰還しました!

f0068385_354365.jpg



草原を流れる氷河から流れ出る渓流
結構大きな音なんです。
動画でご体験ください。




えっちらおっちら
筋肉痛にもめげず一週間歩き続けた
両親を応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-28 03:59 | アルプスの自然

北イタリアアルプス登山



f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif





ただいま~。
一週間ほど山歩きしてきました。
主に北イタリアアルプスです。

モンブランからマッターホルンにかけての山脈の南側、つまりイタリア側です。

数日間その報告におつきあいください。


このハイクはダムでできた人造湖を回りこんで、向こう側に登ります。
数日間の山歩きの間、あちこちで牛に遭遇しました。
夏のあいだ、高山の牧草地にあがってきている牛たちです。

f0068385_7294319.jpg


か、か、可愛い!!
まだ人怖じしない子牛です。
顔を舐めてくれたりします、ぐへへ。

f0068385_730811.jpg


湖畔で休んでいる牛たちはなんともメルヘンティック。

f0068385_7302411.jpg


湖を後にしてどんどん登っていきます。
こういう感じ。

f0068385_7304215.jpg


なかなか壮大な眺めなんですが・・・

f0068385_73114.jpg


アルプスはちょっと登るとこういう具合に殺伐とした風景になります。
わかりにくいですが、氷河がとけて川になって流れてきています。
こういうのが集まってダムの人造湖になります。

f0068385_7311934.jpg


もうちょっと上がると、氷河が目の前。
あっちに見える山で4000メートル弱です。
もちろん、そんなところまで登りません。
高い山は遠くから見るのに限るなぁ。

f0068385_7313731.jpg



下りてくる途中でどきっとするような
これもメルヘンティックなきのこ。
ちょっと怖いけど・・・

f0068385_733268.jpg


帰り道の午後の光でみる湖はまた違った雰囲気。

f0068385_7334738.jpg


この後、しぐれました。
向こうの空に雨のカーテンが見えました。
写真でわかるかな?

f0068385_7341067.jpg



牛追い犬に追いかけられて、へそを曲げている牛の動画をどうぞ。
カウベルの音が入っています。





両親が山歩きをしている間
大人しくお留守番をしていてくれた
ティエタを応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-27 07:35 | アルプスの自然

馬より昼寝


f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif





うちの近くには大きな乗馬クラブがあるので、時々こういう馬の行列が通ります。





おとうさんはティエタを動画にいれようと、必死です。
ちょっと音量をあげて、おとうさんの必死の声援を聞いてあげてください(笑)。


ふんっ、女優するのなんか嫌なの。
まして、人間を背中にのせて歩くなんて、考えられないわっ。

f0068385_5241876.jpg




私もテイェタの背中には乗りたくないと思っている
両親を応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)


またまた勝手ですが、一週間ほどお休みいたします。
夏は不定期になるのですが、めげずにおつきあいくださると嬉しいです。

[PR]
by tieta4u | 2007-07-17 05:26 | Tieta

庭仕事のお手伝い


f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif




えっ、また庭仕事なの?

f0068385_230415.jpg


だったら手伝ってあげないとね・・・

f0068385_2305820.jpg


うぅ~ん・・・

え?
それって手伝ってるの?

f0068385_2311980.jpg


そうなんですけど。
何か問題でも?

い、いえ、どうぞそのまま(邪魔しないでね)。

f0068385_232127.jpg


あー、やれやれ。

f0068385_2322347.jpg


今日も忙しい一日だったわね~。

f0068385_2324189.jpg


あっ、そうですか。
それでは、ご褒美にワインなど・・

f0068385_2325826.jpg


だまされないわよ。
自分で飲むくせに。

f0068385_2332153.jpg



おまけにルックラの鉢植えです。

f0068385_2334833.jpg


すごーく味が濃厚。
買ってくるのと比べ物になりません。
有機栽培のでも。
考えちゃうなぁ。
やっぱり自作が一番ということなんだろうか。



もっと自分の食べられるものを
自作して欲しいと思っている
ティエタを応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-16 02:35 | Tieta

るんるんモンローウォーク


f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif




さてっと・・・

f0068385_684663.jpg


ご期待にそって・・・

わたくしのモンローウォーク公開!


むふっ

f0068385_691198.jpg


うふっ

f0068385_694688.jpg


るんる~ん

f0068385_610616.jpg



そして、ティエタのモンローウォークの先に待っていたものは???





むっちりセクシーモンローウォークの
ティエタを応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-14 06:11 | Tieta

干草とティエタ


f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif




ここで遊ぶのが好きだったの。

f0068385_5231435.jpg


でもある日突然・・・・

f0068385_524375.jpg


む~、やかまし~。
耳が飛行機状態になっています。

f0068385_52441100.jpg


何なってるのかしら・・・

f0068385_5252885.jpg


そして、こんな風になっちゃったの。

f0068385_5255241.jpg


がっかりなの。

f0068385_526119.jpg


だって、これ牛さんのお食事になるんだよ。
ほら、ティエタの威嚇していた案山子さんの畑でも
ジャガイモが生長してるでしょ。
・・・6月の霜にやられたので、遅れ気味です。
農作業で皆のお食事ができるんだよ。
ふ~ん・・・

f0068385_5264350.jpg



干草刈りとティエタの様子を動画でどうぞ



牧草がなくなったけど
虫さんとモグラさんは健在なのでほっとしている
ティエタを応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)


一週間ほど留守にするのでお休みします。
次の日曜日には更新予定です。
また見に来て下さいね!

[PR]
by tieta4u | 2007-07-09 06:11 | Tieta

干草畑でつかまえて


f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif




昨日の記事で明瞭でなかったかもしれないので、もう一度。
猫と犬は非常に違うので、犬に与える薬を体重分で割って、猫に与える、などは絶対にしてはならないそうです。
同じく、人間に効くからといって、猫に同じものを投薬するのは厳禁です。
代謝の機能も全然違い、猫は犬や人間の持っている、代謝のための酵素をもっていないので、同じものでも分解、排泄できず、犬や人間には薬でも猫には毒になるものが多いそうです。

アロマやハーブ系の虫除けやシャンプーなど、犬猫両用のものは避けたほうがよいと思います。
特に、精油を使っているものは猫にはアウトです。

また、フローラルウォータ、フラワーウォーターとして販売されているものも、模造品が多いそうです。蒸留水にエタノールを添加し、精油で香りづけしたものをフローラルウォータとして販売しているものもあるようなので、信用できるところで確認して購入することが大事かと思います。
保管の状態も大事です。
昨日の記事にも書きましたが、着色してある(茶、緑、コバルトブルー)ボトルにいれて、直射日光のあたらないところで低温保存してくださいね。

ブログ キャンプ猫Gavi の管理人さんの、Gavi主さんが教えてくださった、下の獣医さんのブログに猫とアロマセラピーについて詳しくのっています。精油の危険性、フローラルウォータの製造過程、成分なども説明してありますので、ご参照ください。


それから、犬を飼っていらっしゃる方からのご質問がありましたので、犬用のダニよけレシピもアップしておきます。
ご参照ください。

ベースにする植物オイルを15ml。
(これは純粋なオイルがいいので、サラダオイルとかは避けたほうがいいです。
本の著者は自分はヘーゼルナッツかアーモンドオイルを使うと書いています。
日本で手に入りにくければ、代用として低温一番絞りのオリーブオイルがよいと思います。)
以下、精油です。
ジェラニウム(Pelargonium graveolens) 2滴
ローズウッド (Aniba roseadora) 2滴
ラヴェンダー (Lavandula angustifolia) 3滴
ミルラ (Commiphora myrrha) 2滴
オポポナックス (Commiphora erythraea) 2滴
月桂樹の葉 (Pimento racemosa) 1滴

私もなんだかわからない、精油もありますが、括弧内は学名です。
ちゃんとした精油、フローラルウォーターを扱うところなら、学名で通じると思います。

これを首、胸、脚、尻尾の付け根に2-4滴つける。
また、コットンの首輪やバンダナに沁み込ませて使ってもよいそうです。

また、純粋な精油は人間にとっても強烈なので、直接精油を手で触らないように気をつけてくださいね。





現在ティエタのマイブームは干草畑にダイビングしてバッタをとること。
いるかみたいに、びょ~ん、びょ~んと跳びます。


こっちへ行くの。

f0068385_136124.jpg


もう出てきなさい。

f0068385_1363181.jpg


まったく手間がかかるなぁ。

f0068385_1365053.jpg



写真ではなかなか撮れないので動画でどうぞ。






飽きることを知らない
ティエタにつきあわされる
両親を応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-08 01:48 | Tieta

天然虫除けレシピ


f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif



昨日の記事に登場したフローラルウォーターの天然の虫除けのレシピをご紹介します。

Kristen Leigh Bell という人のこの本に紹介してあるレシピです。

f0068385_663346.jpg


猫は犬や人間と違って、アロマを分解する酵素を持っていないので、猫にアロマセラピーは厳禁です。
精油は命にかかわることがあるので、絶対に使わないようにということです。
精油の中でも猫に一番危険なのは、柑橘系と松系統だそうです。
Tea Tree、タイム、シナモンも危ないようです。
酵素がないということは、排出できないので、ちょっとづつ体内に溜まり、肝臓を破壊されるということです。
飼い主さんがアロマセラピーをしていて、なんだ、うちの猫は大丈夫みたい、と思っていても、長期間にわたって、肝臓がだんだんそこなわれるので、要注意です。
また、洗剤に柑橘系のエッセンスが含まれている場合も要注意。
人間には無害でも、猫は洗剤を使用したお皿や家具類から徐々に被害を受けます。

という、おっかないことなのですが、精油はだめでも、フローラルウォーターは大丈夫ということです。
フローラルウォーターはハイドロソルとも呼ばれています。
だけど、ちゃんとした製造法で作られて、ストックの仕方もちゃんとしたもの、という条件つきです。

以下、ノミとダニの駆除用のレシピをご紹介します。

ノミ用
ラベンダー(Lavandula angustifolia)30ml
Lemon Verbera (Lippia citriadora) 30ml
Rosemary (Rosmarinus officinalis) 30ml
ウォッカ 30ml
蒸留水か天然湧き水 120ml

ダニ(マダニ)用
ラベンダー(Lavandula angustifolia) 60ml
ジェラニウム(Pelargonium graveolens) 30ml
ウォッカ 30ml
蒸留水か天然湧き水 120ml

f0068385_674192.jpg



これをストックするのは茶色かグリーンかコバルトブルーの色つきボトルに入れてストックします。
よく攪拌し、毎日、スプレーするか、手につけて、それから毛に揉みこみます。

ティエタがつけているのはダニ対策用のです。
別に嫌がっている様子はありません。
精油とちがって、そんなに匂いもきつくありません。

ブログ キャンプ猫Gavi に自然の駆虫対策が詳しく載っています
是非そちらもご覧ください!




今日もなんだか匂うわね~。

f0068385_682689.jpg


これから毎日こういう具合に匂うのかしらん・・・

f0068385_684643.jpg


まっ、いいんだけど・・
さて、休憩しようかな。

f0068385_69596.jpg


あ、なんかいる!

f0068385_693948.jpg


ジャンプっ!!

f0068385_695887.jpg


逃がしちゃったの。

f0068385_6101823.jpg


つまんないの。

f0068385_6103723.jpg



今日ブリオッシュのお宅にうかがったところ、ブリオッシュは包帯もとれて、とても元気でした。
まだ少しびっこをひいていますが、走り回っています。
ちょっとづつ外にもでれるよになっています。
心配してくださった皆さん、ありがとうございました。


あんまりものごとにこだわらない
おおまか精神のティエタでよかったと思っている
両親を応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-07 06:18 | Tieta