「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

お休みさせていただきます。

申し訳ないのですが、おかあさんが今日から5月7日まで、日本に行って、留守になるので、ブログを休憩させていただきます。

実家(といっても母だけ)に行くのですが、ブロードバンドになっていないので、ちょっと更新は無理かなと思います。第一、主役がいない!主役はおとうさんと一緒にお留守番です。

出発前の最後の投稿。

                おかあさんのスーツケースの中身です。

                      ば~ん!!
f0068385_1221783.jpg


健康食からジャンクフードまで、食べるものがゼッタイ、マジョリティーの「お土産ばっかし~~!」

一番数が多いのは、コーヒーに目のない、うちの母用に、(多分日本でも手に入るだろうけど、日本で買うと、むちゃ高い)コーヒーの缶(8缶もあるぞー)。

やっぱり母用の、有機栽培で、非加熱一番絞りのオリーブオイル、有機栽培の、豆乳じゃなくて、豆クリーム、これは日本では売ってるのを見たことがないけど、とても便利。生クリームのかわりになって、料理に使う。

写真ではちょっと見えにくいけど、ブルターニュのあら塩、有機栽培のなつめやしの実、アーモンドバターにヘーゼルナットバターにメープルシロップバターとお金のかからないものばっかり!
あとは紅茶と、これはちょっと、はりこんで、チョコレート。

なんでこんなもんが入ってるねん、と思われる、ジャンクフードが約一つ。これを見ている、xx君、誰のだか、わかるね?

それにしても食べ物ばかりじゃないか!書き出してみて、改めてわかりました。う~ん、ちょっと問題、、、、かもしれない。

ティエタはスーツケースにはわりと無関心。

                       「知ら~ん。」
f0068385_1224622.jpg

                         
前の猫たちは、スーツケースが出てくると、そわそわしたり、先々代などは、スーツケースの中で寝ていました。一緒に連れて行ってもらおうと思ったんでしょう。念願かなって、この子はフランスと日本を飛行機で数回往復しました。本猫は平気だったけど、エコノミークラスの狭い座席の3分の2を猫にとられたおかあさんは、げっそり疲れたものです。

山の家とリヨンを行き来するようになってから、スーツケースはしょっちゅう登場し、絶えず荷造りしているので、ティエタの無関心は多分そのせい。彼女はまだ、スーツケースの大きさと不在の期間の長さとの関連に気がつかない。このまま気がつきませんように、、、、、


アレックスについて、沢山のコメントを残してくださった皆さんのブログを訪問して、お礼のコメントを書き込みたかったのですが、日本への出発準備と重なって時間切れになってしまいました。もうしわけありません。

それから、コメントは残さなくても、訪問に来てくださっている方々、有難うございます。アレックスのことがあって、悲しいニュースだし、訪問が減るだろうと思っていたのに、今までよりも沢山の方が訪問してくださっています。支えてくださっているお気持ちがとても嬉しいです。

今度のことで、わかちあうことによって、もっと多くを与えられる、ということがよくわかりました。ほんとうにありがとうございます。
アレックスは虹の橋の上で、毛づくろいしながら、「エヘン、そういうことだぜ。」と言っているかもしれません。アレックス、虹の橋からずり落ちるなよ~。歓迎団にはもう会ったかい?たっぷりジャンクフード食べてるかい?

ということで、5月8日から、ブログを再開しますので、是非また、いらして下さい。今はまだアレックスの画像を見るのが辛いのですが、気持ちが落ち着いたら、追悼大公演を開催いたします!

それでは、また近いうちに!!
[PR]
by tieta4u | 2006-04-25 01:35 | Tieta

ブラッシングの醍醐味

ティエタのお気に入りの場所のひとつはおとうさんの脚の間。

こういうかっこうで、一匹と一人はよく一緒にくつろいでいるのです。
f0068385_115353.jpg

f0068385_1154746.jpg


で、ティエタの大好きなブラッシングもこういうかっこう(動画)になるのでした。


                   、、、、、、、、、、、


              おとうさんは腰と背骨が痛くなりそうです。
[PR]
by tieta4u | 2006-04-25 01:17 | Tieta

ティエタの天敵

たいていの猫にとって、一番の天敵、、、、、

              そう、リヨンの我が家にあらわれた、その天敵は、、、、、



                     じゃ~ん!

                    子供!!!


f0068385_5475167.jpg

でも、両親はひそかに思ったのでした。これで目一杯くたびれれば、ティエタはきっと、今晩ぐっすり眠るに違いない、と。

だから、ティエタがさんざん追いかけ廻されていても、全然止めようとしない両親 (動画) なのでありました。

でも案外、ティエタは子供が平気のようです。
イヤがってはいましたが、すぐに慣れて、なでなでもさせてあげたし、全開パワーの横で寝転んだりして、両親をがっかりさせました。
f0068385_5552829.jpg

f0068385_5554189.jpg

f0068385_5555234.jpg


ああっ、また今夜も鳴き声で起こされるのか~っ!!

ちなみに、このがき子供が山の家に来たときは、アレックスがばっちり手をひっかいたのでした。決して口には出さなかったものの、両親は「やったぜ、アレックス。」と思ったものでした。
[PR]
by tieta4u | 2006-04-24 06:02 | Tieta

真夜中に猫がなく

今までにないことに、ティエタが夜中になく。

もしかして、アレックスが亡くなったのがこたえているのでは、、、などと人間らしい心配をしたおかあさんがリビングに行って、カリカリの追加をあげ、その上、リビングのソファでティエタと一緒に寝た。

明くる夜、またなく。
おとうさんが見に行く。カリカリ追加。水をかえ、ベッドに戻る。
一時間後、またなく。
おとうさんがまた見に行くと、おもちゃを前に置いて、期待に輝く目をして待っていた。

してやられたり~っ!!!

猫の思うままに操られる両親でありました。

        きのう夜通し人間操作に起きてたから、ねむくて、ねむくて、、、、
f0068385_059397.jpg

                     お昼ねするんだから、、、、
f0068385_0592435.jpg

                    邪魔しないで!
f0068385_0593564.jpg


追伸
おとうさんは日本語の読み書きができませんが、このブログを通しての皆さんとの交友と、いただいたコメントは常に訳して伝えています。
おとうさんも皆さんの暖かいコメントに感動しています。そして、大好きだった、アレックスにこんなに沢山のファンがいたことに、とても慰められています。
よろしく伝えてくださいとのことです。
皆さん、本当にありがとうございます。
[PR]
by tieta4u | 2006-04-23 01:05 | Tieta

うちの仏壇

アレックスの出立に沢山の暖かいコメントを有難うございました。

少数の友人を除いては、お目にかかったこともない皆さんですが、こんなに慰められるとは思いませんでした。なによりも、アレックスの、あのおもしろいキャラを愛してくださって、愛着を共有していただけたというのが、一番嬉しいです。

アレックス、ファンが多かったんだよ~。

ブログを始めて、まだとても短期間ですが、たちあげておいてよかったと思いました。本当にありがとうございます。

それに、ブログねたにしようと思って、めちゃくちゃ沢山写真、ビデオを乱取りしたので、アレックスの思い出が沢山残りました。ぶれてても、頭がきれてても、尻尾だけでもいいぞ。全部保存しよう。

で、いつまでもしめっぽいのはアレックスもいやがるだろうし、でもアレックスに関連して、うちのお仏壇など、、、


                       じゃ~ん!

f0068385_6435977.jpg


むかって、左側は人間用、右側は猫用です。


                     猫用拡大図
f0068385_6441334.jpg


先代のフー博士のお骨(というより灰)が缶に入ってます。先々代は納骨を済ませました。
いずれアレックスのお骨も仲間入りです。アレックスの遺体は山の家の近くの獣医さんのところに預けました。そこから、火葬場に送ってもらい、お骨は郵便で、戻ってきます。
なんか、缶がふえるな~。

気の毒なおとうさんはアレックスの遺体を発見した時、一人だったので、痛く動転、パニくりました。ここにいるのはもうイヤというので、リヨンで戻ってきたのですが、おかあさんは道中すごく心配でした。しかし、この間しっかり、ティエタが監督、監視役を務めてくれました。おとうさんを慰め、鎮めて、無事リヨンまで連れて帰って来てくれました。ティエタ監督、有難うございました!


                  いや~、大変だったよ。
f0068385_6472679.jpg


              うちはほんとに猫にお世話になりっぱなしです。
[PR]
by tieta4u | 2006-04-21 06:54 | Alex

アレックス急逝

悲しいニュースです。
アレックスが亡くなりました。

おかあさんはリヨンにいたのですが、おとうさんが朝起きて、裏の牧地に横たわっているアレックスの遺体を発見しました。
前夜、出たがったので出していたのですが、何時こういうことになったのかわかりません。
死因もよくわかりませんが、恐らく車にはねられて、自分のねぐらに戻ろうとして、そのまま亡くなったものと思われます。

アレックスは自由に内外を行き来していたので、いつかこういうことになるかもしれないと思っていましたが、こんなに早くその時がやってくるとは思いませんでした。まだ一歳になるかならないかのところでした。

短かったけど、生活の一部をともにできて、とても有難かったです。アレックスは素晴らしい猫でした。人間でも頭がさがるほど、いいヤツでした。

自由に生まれて、自由に亡くなっていった、アレックスに乾杯!

皆さん、退場するアレックスに拍手喝采お願いします!

f0068385_5425445.jpg

                    最後の日のアレックス
[PR]
by tieta4u | 2006-04-20 05:46 | Alex

番猫ティエタ

まったりとした春の朝
例によって、二匹が前庭に出ていると、、、
f0068385_4481100.jpg

                     「ん?」
f0068385_4482610.jpg

わ~っ、普段はお留守のお隣さんがイースターホリデーで、ドイツからやってきたらしい。その飼い犬のルーシーが挨拶に来た。
f0068385_4484612.jpg

わおわお言うな、やかましい!
ティエタはものすごい強気。
f0068385_449437.jpg

鼻面をつきあわされても、後ろ足をつっぱって、ゼッタイ後退せず、の姿勢。
f0068385_4491977.jpg

はっ、アレックスは?

、、、、、、


       、、、、、、、、、、


こいつは、電光石火キャットドアを通過して、積極的後退を貫徹。
f0068385_4494039.jpg

[PR]
by tieta4u | 2006-04-18 04:53 | Tieta

イースターの散歩

今日(昨日になっちゃったけど)はイースター。
明日月曜日はイースターの翌日で連休。
なんとなくゆったりしたムードがただよう村に教会の鐘がなり、復活祭ムード。

しかし、にゃんずは相変わらず散歩のスケジュールを変えない。
おとうさん、はやく、はやく、はやく、、、
f0068385_623573.jpg

アレックスはいつも通りリードの管理。
f0068385_6233877.jpg

何やってんの?
い、いえ、ちょっと、トイレに、、、
f0068385_6255637.jpg

ここから先はいっちゃだめ!
「へい、へい」
いつもはティエタがお姉さんだが、散歩のときはアレックスがしきる。
時によると、軽いビンタをくらわせる。たいしたもんだよ、アレックス。
f0068385_6265194.jpg

いつものコースで木登り
にゃにゃにゃにゃ~ん
ティエタ、オペラはもう終わったんだよ~。もういいんだってば~。
f0068385_628298.jpg

アレックスさん、木の上までご苦労さんです。
「なーに、いいってことよ。」
f0068385_6291951.jpg

はい、お役目終了です。カッコよかったよ、アレックス。
f0068385_6295137.jpg


と、ここでおしまいになるはずだったのですが、、、、、

やっぱり、さすがは復活祭、ちゃんとおまけがついた(動画)のでした (音声が入っていますので、音量を少しあげて見てくださいね)。
[PR]
by tieta4u | 2006-04-17 06:47 | Tieta

真夜中のオペラ

ティエタさん、舞台はそちらでいいですかね?
「うん、ま、ここでいいんじゃない?」
f0068385_649149.jpg

照明の具合いかがですか?
「まあ、こんなもんかな。」
f0068385_6495477.jpg


は~い、、、、メーク完了で~す。


           、、、、、じゃあ、いきま~す。


                用意!!


                  じゃ~ん!!!


                日曜三文オペラ (動画)
[PR]
by tieta4u | 2006-04-16 06:54 | Tieta

年中行事

毎年、春がくると必ずやる失敗。
下界は暖かくてすっかり雪融けが終わっている。
るんるんでハイクに出かける。
もちろんスノーシューは持って行かない。
f0068385_6563580.jpg

毎年忘れる山の真理。
ちょいと登れば、もこもこ積雪が残っていて、膝うえまで埋まる。
頭のいい人はちゃんとスキーかスノーシューを履いてる。
f0068385_6565274.jpg

あっちの方に行きたいんだけど行けない。
f0068385_6572771.jpg

仕方がないから雪が無い方に、、、、、
f0068385_658016.jpg

無いほうに歩く。
f0068385_6582035.jpg

それで、こんな急斜面を歩くことになったりする。
f0068385_6583413.jpg

結局Uターンして戻る。
f0068385_6585931.jpg


毎年これの繰り返し。うちの年中行事なのです。


               「帰ったんかい、えらい早かったなぁ。」
f0068385_6592248.jpg

[PR]
by tieta4u | 2006-04-15 07:00 | アルプスの自然