2010年 04月 19日 ( 1 )

土木工事



りっぽさんのリクエストに答えて、もぐら塚!

春になって土がゆるむと、もぐらも活動開始!
もぐら塚が出現します。


ざっざっざっ

f0068385_6163685.jpg





トイレの用意をしているのではありませんよ~

f0068385_617131.jpg





ティエタの土木工事・・・
じゃなくて、これでも穴を掘り返してハンティングしている積もりなのです^^;

f0068385_6172690.jpg





f0068385_6174982.jpg







そして・・・





f0068385_6181060.jpg







f0068385_6183390.jpg









これだけ掘り返せば今日の工事はもういいよね

f0068385_619829.jpg





ゆっくり暮れていく秋の日、じゃなかった春の日なのでした~

f0068385_6192856.jpg







f0068385_6195147.gif



今日はアレックスの命日でした。

おむすび顔の腕白がいなくなってからもう4年になります。

f0068385_6202622.jpg





一週間ほど前から、おとうさんも私も、むす~っ

お互いにアレックスの思い出がこたえているんだなぁと感じられました。
ガソリンの入れ間違いもそのせいかも、なーんて言い訳にしておいてあげよう。

年とともに、気が軽くなるんじゃなくて、命日の前後にはますます、む~っとなります。
あんまり話したくもない気分。
おとうさんもそうみたいです。
だんだん内向するみたいですね^^;



そして、アレックスの命日近くになると、必ずぶり返す、おとうさんの心の故郷探し。
新入りの皆さん^^は右のタグの不動産めぐりをご覧ください。

アレックスを(多分)車に轢かれたうらみは年毎に怨念にかわって
引越しするぞ~っ
となるのでございますね。

食べ物と猫を殺された恨みは恐ろしいのだ。


というわけで、今年最初の物件。

グルノーブルの南の山の中です。
村からはずれて、4軒ほど家がある、その一軒です。
お隣一軒が週末にはやってくるグルノーブルに在住のカップルですが、あと2軒は遠方の人で年に2回くらいしか来ないのだそうです。


つまり普段は誰もいない・・・

f0068385_6215996.jpg






すっごく静かで鳥の声と虫の声しか聞こえません。

1880年に建った建物で、昔は牛馬を家の中にいれていたし、一番上は乾草をいれていたので、ばかでっかいです。
こんなばかでっかいもの要らないんだけど、遠く離れた一軒家というのは、夏の牧場で家畜をいれて、人も住まう家なので、よく こういうばかでっかいものになるのです。
ま、住む空間はごく一部なんですけどね。

手前と右側が畑になっています。
おとうさんが腕をふるえそう^^



屋根が波上になっているのは、ぼろっちょいからではなくて、昔はかやぶき屋根だったから、こういう構造になっておるのです。
今はかやぶき屋根の家は殆どなくて、こういうスレートとかトタン板みたいな屋根に変わってます。

f0068385_6224993.jpg






家からちょっと歩いたところからの眺め。
家の庭からもこれほど綺麗にじゃないけど、同じ景色が眺められます。

f0068385_6231139.jpg







とにかく、静けさを求めるおとうさんにはとっても気に入った物件でした。
さぁどうなるのか
先はお楽しみ^^




物件を見るときに必ず考えるのは
ティエタを外に出せるかどうか
出さないのなら、キャットランを作れるかどうかです。



猫の住まい条件も考慮にいれなければいけない
おとうさんの心の故郷探しを応援してくださる皆々様
こちらをポチポチッとしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ




いつもありがとうございます



f0068385_514720.gif


ツナちゃん、無事お届けとなりました。

応援してくださった皆さん、ありがとうございました!!

f0068385_6465475.jpg




詳しくはライナス日記をごらんください。



f0068385_693370.gif

ブログ友達 斗夢ちんさんの ねこのふく村さんちで
可愛い~い端午の節句用の布兜、陣羽織など販売中です。
興味がおありの方はぜひ見に行ってみてあげてくださいね~^^
[PR]
by tieta4u | 2010-04-19 06:31 | Tieta