「ほっ」と。キャンペーン

すすけた監督官



山の天気は変わりやすい
特に変わってほしくないと思っているときは・・・

f0068385_1234161.jpg



煙突掃除の人が来るまでは煙突を冷やしておかないといけないので
ストーブが使えないのに・・・

あっという間にくずれる天気
雨から雹、みぞれ、雪と変化・・・

f0068385_1241627.jpg



今朝は村までうっすら雪化粧でした(涙)


寒いのでうちで一番小さい部屋、書斎にオイルヒータを2つ置き
そこに閉じこもっていました。

いつものように薪ストーブの前の椅子に座っていても
ちっとも暖かくなってこないので
?????のティエタ

ようやく諦めて書斎に入ってきたので
おかあさんの小さいスーツケースに
ティエタのフリース毛布をいれて臨時ベッドに。

f0068385_125140.jpg




ようやく来てくれた煙突掃除のおじさん

f0068385_1253156.jpg



先代の猫はものすごい怖がりで
知らない人がくるとあっという間にいなくなったものですが
ティエタは反対

知らない人大歓迎。
しかも新しいことをやると必ず鼻を突き出してチェック。
仕事しにくいことこのうえない。

ストーブのある部屋の裏側、つまり書斎に煙突の掃除用の開き口があります。
普段はしまっている穴が開いたのでチェックせずにはおられない監督官。
(蓋の匂いをチェック中)

f0068385_1261975.jpg



こういうブラシを上の穴から入れて、おっこちてくる煤は煤煙用掃除機で吸い取ります。
がーがーがーがー かなりの音がするのに
好奇心には勝てないティエタはあんまり離れずにじ~っと見ておりました。
関係ないけど、このブラシ、フランス語ではエリッソンといいます。
つまりはりねずみですな。
言い得て妙です。
英語のブラシよりうんと感じが出ておりますね。

f0068385_1265398.jpg



ちゃんと仕事が完了したかチェック中の監督官

f0068385_127212.jpg



おじさんが帰るときもちゃんとお見送り

f0068385_1275050.jpg



もう帰っちゃうの・・・
せっかく面白かったのに・・・

f0068385_1282190.jpg



掃除してもらったストーブは煙突の通りがよくなり、がんがん燃えます。

あ~っ やっぱりこれでなくっちゃ

f0068385_12854100.jpg



う~ん 気持ちいいわね~

f0068385_1292536.jpg




            ・・・・・・



ストーブが使えるようになったら 太陽が出現。

誰だ、うちで行いの悪かったヤツは。

・・・で 散歩に出たのですが・・


ん?

f0068385_1302134.jpg



わはははっ 
鼻に煤がくっついてる~

f0068385_1342347.jpg




いつもと変わったことがあればなんでも歓迎。
煙突掃除のおじさんもブラシも掃除機も
ついでに煙突も煤も全部匂いをかいでチェックした
ティエタ監察官を応援してくださる方は
こちらを踏んずけて行って下さいませ。
こっち(ブログランキングです。)  と
こっち(にほんブログ村 猫 海外生活です。) をぎゅぎゅぎゅっとお願いいたします。
いつもありがとうございます。


姉妹ブログティエタ4Uのキッチン事情に超簡単、豆腐ボールのレシピを記事アップしました。
興味のある方は覗いて見て下さいね!

f0068385_1282248.gif

いつも見ていただいている里親募集中の育生(なるみ)ちゃん、なんと子猫を出産しました!

じゃーん!!

f0068385_2402921.jpg



保護主さんも気がつかなかった、妊娠。

小さい真っ白の赤ちゃんが一頭だけです。

今日のニュース!子猫は芽生(メイ)ちゃんと命名されました!

f0068385_24184.jpg


妊娠に気がつかれなかったため、レントゲンや麻酔、ワクチンなど、子猫にとっては修羅場をとおりぬけての出産です。

無事に出産をおえた育生ちゃんといい、生まれてきたメイちゃんといい、自然の生命力に感動です。

一匹という数の少なさから、育生ちゃんのお乳がぱんぱんになって辛そうなので、先日保護された6匹の子猫のうち2匹を保護主さんがかり受け、育生ちゃんは乳母さんもやっているそうです。

育生ちゃん、ハンディはあるけど、乳母さんまでできる立派なおかあさんです。

育生ちゃんもメイちゃんもこれから幸せな一生を送れますように。


育生ちゃんは現在、湘南地方で保護されています。

原因はよくわかりませんが、大怪我をし、後ろ両足と左前足が切断されてしまっています。
優しい方が保護してくださり、病院で大手術の結果、後ろ足もなるべく残した形で処置してもらえました。
術後は走って(這って?)逃げるほど生きる気力いっぱいです。

一歳ほどの女の子です。
猫エイズ・白血病とも陰性です。

足は短くなってしまったけれど、歩ける(走れる?)し、家の中でなら普通に生活ができそうです。
育生ちゃんのハンディとこれからの生活の責任を自覚して、この子を愛し、生涯大切にしてくださる家族になってくださる方を求めておられます。

保護の経緯、その後の経過について、また里親候補についての連絡などはこちらのブログをご覧ください

メールでの連絡はこちらにどうぞ。
inunekodaisuki#jcom.home.ne.jp
#を@に変えてくださいね。

ハンディが大きく難しい、この里親募集に皆さんの暖かいご協力をお願いいたします。

いつも見ていただいて、ありがとうございます。
[PR]
by tieta4u | 2008-04-16 01:38 | Tieta
<< どっちが勝つか 乱れた治安? >>