鹿との遭遇



明るい日の照る真昼間
例のごとくティエタがおとうさんと散歩していると・・・


f0068385_1234182.jpg




突然
ガサガサッ とすごい音が


f0068385_1244467.jpg





見た 見た???
あれ、何だったの??


f0068385_125756.jpg



おかあさんは もちろん!写真を撮り損ねましたが・・


泡を食って逃げていった
あれは鹿さんなんだよ~

えぇ~
あれがそうなのか・・・


f0068385_1255691.jpg




こんな村の近くの小さい林にもいるのね・・・


f0068385_1261997.jpg



 ・・・・ということは

         あっちの大きい森にはきっともっと沢山いるのね。

         (なんとなく尻尾も下がり気味です・・・・)


f0068385_1265683.jpg



んじゃ 気をつけて 散歩しなくちゃ・・・


f0068385_1272831.jpg





気をつけてもどうなるわけじゃないと思うんですが・・・
それより、こんなに里近くにいるのなら
犬は離し飼いにしてほしくないなぁとつくづく思います。

つないでない犬は野生動物の大害敵です。

犬はつないで飼って散歩してくださいね・・・
犬には可哀想かもしれないけど・・・


ほんの真近で鹿をみて
どきどき興奮した
あんまり山育ちらしくない
ティエタを応援してくださる方は
こちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。(ブログランキングです。)
ついでにこちらのほうもポチッとしていただけると益々嬉しいです!
(にほんブログ村 猫 海外生活です。)
よろしくお願いしま~す。


あともうちょっと。
完治するまでコメントのお返事はひかえさせていただきますが、ありがたーく拝見しております。
いつもありがとうございます。

f0068385_1282248.gif

育生(なるみ)ちゃんの里親募集です。

f0068385_1284787.jpg


現在、湘南地方で保護されています。

原因はよくわかりませんが、大怪我をし、後ろ両足と左前足が切断されてしまっています。
優しい方が保護してくださり、病院で大手術の結果、後ろ足もなるべく残した形で処置してもらえました。
術後は走って(這って?)逃げるほど生きる気力いっぱいです。

一歳ほどの女の子です。
猫エイズ・白血病とも陰性です。

足は短くなってしまったけれど、歩ける(走れる?)し、家の中でなら普通に生活ができそうです。
育生ちゃんのハンディとこれからの生活の責任を自覚して、この子を愛し、生涯大切にしてくださる家族になってくださる方を求めておられます。

保護の経緯、その後の経過について、また里親候補についての連絡などはこちらのブログをご覧ください

メールでの連絡はこちらにどうぞ。
inunekodaisuki#jcom.home.ne.jp
#を@に変えてくださいね。

ハンディが大きく難しい、この里親募集に皆さんの暖かいご協力をお願いいたします。
どうか育生ちゃんが幸せな一生を送れますように。

いつも見ていただいて、ありがとうございます。
[PR]
by tieta4u | 2008-03-04 01:35 | Tieta
<< ティエタと石投げ 長い帰途 >>