赤目48滝



年末おとうさんと一緒に日本にいた時、ハイキングに行きました。
行き先はブログで教えていただいた、室生寺と赤目四十八滝のコース。

大阪を朝に出て、室生寺をゆっくりまわりました。

朝からかなりの雨でしたが、そのせいか、季節のせいか、私たちを含めて訪問していたのは5,6人。
霧が立ち昇って、とてもいい雰囲気でした。


なんか、おとうさんと仏像が対話しているように見えます。

f0068385_5564915.jpg


室生寺って、ずいぶん歴史のあるお寺ですが、建物ひとつひとつはこじんまりしていて、とても開放的な雰囲気があります。
それにとてもシンプル。
いやその、建設技術はすごいんでしょうが、時代を経て、シンプルに見えるのです、これが。

おとうさんは(私もですが)大感動していました。

f0068385_5573062.jpg

f0068385_5575559.jpg

f0068385_558182.jpg

f0068385_5584449.jpg




室生寺のあと、赤目温泉へ。
温泉は女中さんたちがすっごく面白かったです。
近所のおばさんたちみたいで、とても素人くさく、部屋にあがってくるとき、よいしょっ、と言ったりするし、立ち上がるとき、机に手を突いたり、もう滅茶苦茶可笑しい。
その分、プロめいた冷徹さというか、よそよそしさがなくて、親しみがあって私たちにはとても愉快で楽しい経験でした。


明くる日、旅館から車で赤目滝の入り口まで送ってくれました。
すごい親切!

ここにはオオサンショウウオの博物館があって、世界中から色々なサンショウウオが集められているのですが、おとうさんはサンショウウオというと、イモリサイズのしか知らず、それ以上大きくならないと思っていたので、オオサンショウウオを見てびっくり仰天。
私は前にも見たことがありましたが、やっぱり不可思議な生き物に見えますよね。こういうのに巡り会うと、生命の不思議にうたれて、敬虔な気持ちになりますが、あんな狭いところに閉じ込められているのは可哀想だなぁ。


赤目の滝も殆ど人がいませんでした。
シーズン中は押すな、押すなの行列になるそうですが、信じられない静けさでした。



階段の石がとても美しかったです。
おとうさんもこれ、写真に撮ってよね、と注文しました。

f0068385_5592858.jpg


こういう落ち葉と水の色合いも日本ですねぇ。

f0068385_60222.jpg

f0068385_615336.jpg

f0068385_622063.jpg

f0068385_624411.jpg


こちらも美しい色合いの岩肌・・・

f0068385_604671.jpg



滝の写真は、とういうか、水の写真は難しくて、いいのがないので、これでお茶にごし・・・

f0068385_612122.jpg




雨に煙る日本の風景の動画です。





こちらは出番のなかったティエタのために今日のおまけ。

ぎゅうぎゅうのパーカー。
3ツあるボタンのうち、真ん中だけなんとかとめられますが、これでもきつくて動けません。
ボタンをはずすと、するする歩くので、これはやっぱり拘束服だなぁ。

f0068385_631060.jpg



両親がハイクを楽しんでいた間
いい子にお留守番して、丸々太った
ティエタを応援してくださる方は
こちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。(ブログランキングです。)
ついでにこちらのほうもポチッとしていただけると益々嬉しいです!
(にほんブログ村 猫 海外生活です。)

f0068385_1043097.gif

大阪で里親募集中だったミルクちゃん、里親さんが決まりました!

f0068385_6125194.jpg


最近保護されたもう一匹のトワちゃんと一緒に東京に行くことに決定したそうです。

公園に捨てられて、心無い人に薬品をかけられて、大怪我をするなど、大変なめにあったミルクくんですが、ポテチョビさんに保護してもらって、幸せをゲットしました。

あ~、嬉しい!

実は先日帰国した折、ミルクくんにあってきたので、嬉しさもひとしおです。

詳しくはこちらのブログの1月13日の記事をご覧ください。
[PR]
by tieta4u | 2008-01-14 06:06 | Tieta
<< ストーカーされるティエタ 雪のキャットラン >>