天然虫除けレシピ


f0068385_3545050.jpg
訪問ありがとうございます。
できたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。
f0068385_454160.gif



昨日の記事に登場したフローラルウォーターの天然の虫除けのレシピをご紹介します。

Kristen Leigh Bell という人のこの本に紹介してあるレシピです。

f0068385_663346.jpg


猫は犬や人間と違って、アロマを分解する酵素を持っていないので、猫にアロマセラピーは厳禁です。
精油は命にかかわることがあるので、絶対に使わないようにということです。
精油の中でも猫に一番危険なのは、柑橘系と松系統だそうです。
Tea Tree、タイム、シナモンも危ないようです。
酵素がないということは、排出できないので、ちょっとづつ体内に溜まり、肝臓を破壊されるということです。
飼い主さんがアロマセラピーをしていて、なんだ、うちの猫は大丈夫みたい、と思っていても、長期間にわたって、肝臓がだんだんそこなわれるので、要注意です。
また、洗剤に柑橘系のエッセンスが含まれている場合も要注意。
人間には無害でも、猫は洗剤を使用したお皿や家具類から徐々に被害を受けます。

という、おっかないことなのですが、精油はだめでも、フローラルウォーターは大丈夫ということです。
フローラルウォーターはハイドロソルとも呼ばれています。
だけど、ちゃんとした製造法で作られて、ストックの仕方もちゃんとしたもの、という条件つきです。

以下、ノミとダニの駆除用のレシピをご紹介します。

ノミ用
ラベンダー(Lavandula angustifolia)30ml
Lemon Verbera (Lippia citriadora) 30ml
Rosemary (Rosmarinus officinalis) 30ml
ウォッカ 30ml
蒸留水か天然湧き水 120ml

ダニ(マダニ)用
ラベンダー(Lavandula angustifolia) 60ml
ジェラニウム(Pelargonium graveolens) 30ml
ウォッカ 30ml
蒸留水か天然湧き水 120ml

f0068385_674192.jpg



これをストックするのは茶色かグリーンかコバルトブルーの色つきボトルに入れてストックします。
よく攪拌し、毎日、スプレーするか、手につけて、それから毛に揉みこみます。

ティエタがつけているのはダニ対策用のです。
別に嫌がっている様子はありません。
精油とちがって、そんなに匂いもきつくありません。

ブログ キャンプ猫Gavi に自然の駆虫対策が詳しく載っています
是非そちらもご覧ください!




今日もなんだか匂うわね~。

f0068385_682689.jpg


これから毎日こういう具合に匂うのかしらん・・・

f0068385_684643.jpg


まっ、いいんだけど・・
さて、休憩しようかな。

f0068385_69596.jpg


あ、なんかいる!

f0068385_693948.jpg


ジャンプっ!!

f0068385_695887.jpg


逃がしちゃったの。

f0068385_6101823.jpg


つまんないの。

f0068385_6103723.jpg



今日ブリオッシュのお宅にうかがったところ、ブリオッシュは包帯もとれて、とても元気でした。
まだ少しびっこをひいていますが、走り回っています。
ちょっとづつ外にもでれるよになっています。
心配してくださった皆さん、ありがとうございました。


あんまりものごとにこだわらない
おおまか精神のティエタでよかったと思っている
両親を応援してくださる方は
こちらからポチッとしていただけると嬉しいです。
(ブログ・ランキングに参加しています)
[PR]
by tieta4u | 2007-07-07 06:18 | Tieta
<< 干草畑でつかまえて 自然の虫除け >>