山への旅

新しいキャリーで始めての電車の旅。
結果はとても良かったです。

このキャリーのレポートを希望なさっている方が数人おられましたので、ちょっとご報告します。
以前のハードキャリーに比べると、バックパックになって、背中にかつげるのはとても楽。両手が開くし、ティエタもうんと安定がよくて好かったみたいです。
気をつけないといけないのは、かがみこむ時、垂直にかがみこまないと、背中でティエタがごろりん、ところがってしまうこと。一度でわかりましたけど。
次にこのバッグは自分の体の横幅よりかなり幅があり、でっぱっているので、地下鉄の改札口とか、電車の席の間とか通るときに気をつけないとひっかかる、ということ。
バックパック型になっているキャリーは大抵縦長で、それだと、こういう場合には人間にとっては楽でしょうが、中の犬か猫は座っていなければなりません。うちは長時間の移動に使うことが多いので、ティエタが寝そべるほうがよいと思って、横長タイプを探しました。
上記のようなことは気をつけさえすれればいいし、狭いところだと、自分が横になって、カニ歩きすれば大丈夫です。

それを除けば、とても快適でした。

さて、車内。今日はコンパートメントの車両がついていたので、コンパートメントに座った。この方がティエタもスペースがあって、楽ちん。

いやーん、はやく出してー!
f0068385_23462297.jpg


出してもらった。早速椅子の下をチェック。
f0068385_23463941.jpg


早速次の駅だよ。誰か乗って来るかな?
乗ってきました。今日の旅の同伴者は、、、
f0068385_23465556.jpg


小さい子供連れの若いドイツ人のカップル。
コンパートメントに入ってこられる時、ティエタを見て、「猫ちゃん、小さい子供を怖がりませんか。大丈夫ですか。」と訊いてくれました。なんて親切な人たちだろう。ティエタのことを優先してくれるなんて。
f0068385_23472033.jpg


そ、それにしても、子供って、ティエタと同じようなことをするなぁ。
f0068385_23473712.jpg


とても可愛い男の子でした。
名前はマーク君です。
f0068385_23475161.jpg


一時間半の電車の旅。そろそろティエタが退屈しかける頃に駅に到着。
迎えに来てくれたおとうさんと車で家に。
そんなにのびあがらなくてもいいよ。
f0068385_234896.jpg


まだ?
へいへい、ほら、村の入り口だよ。
f0068385_23482380.jpg


家の近くまでくると、わかるらしい。
ぐっと身を乗り出すティエタ。
f0068385_23484816.jpg


ほら、いつも散歩しているところだよ。
牛さんもいるね。
f0068385_2349231.jpg


むふふふ、、、
わかった、わかった。そんなにレンズにくっつかないで下さい。
f0068385_23491774.jpg


やっと着いた。
まずはキャットランのチェック。
留守中変わったことはなかったかな。
f0068385_23493867.jpg


家に戻ると、俄然独立心が強くなるティエタ。
こうなると、おとうさんがよしよし、なんて言っても全然興味なしです。
まずはよかった。
f0068385_23495763.jpg



f0068385_0393592.gif

ランキングに参加しています。
ティエタを応援してくださるかたは、ポチっとしていただけると嬉しいです。
こちらからお願いします。

[PR]
by tieta4u | 2006-10-01 02:54 | Tieta
<< アマゾン旅行記 その3 どうして伝える? >>