ティエタと遊ぶ

アレックスは最初私たちが見たときから一人っ子だった。
他の子猫たちは、死産だったのか、その後亡くなったのか、野良によくあるように、雄猫に殺されたのか、そして、それで、おかあさん猫がアレックスを保護するために、石壁のところに移動したのか、、、
それはわからないが、とにかくアレックスには遊び相手がいなかった。

おかあさんは遊んでくれないので、ティエタはアレックスにとって、ちょうどいい大きいお姉さんだった。
このころはまだ1才ちょっと前だったティエタもまだ子猫のようなところが残っていたので、ティエタにとってもアレックスはいい遊び相手になる小さい妹だった。

この頃のアレックスの写真は極少なので、同じようなのですみません。
f0068385_316427.jpg


動き回るので、動画のほうが多いのです。

今日の動画の遊びは私たちがIS ANYBODY HOME ? (誰かいる?)と呼んでいる遊びで、つまりはかくれんぼ。もともと、おとうさんとティエタが発明したものです。
オリジナルはこちらに登場しています。

前にもティエタとアレックスがこれで遊んでいる動画が登場しましたが、これはセカンド・ヴァージョンです。

というわけで、今日も動画でアレックスとティエタの遊ぶところをご覧ください。

こういう風に楽しく一緒に遊んでいたのは小さいうちで、そのうち、大きくなると、アレックスもティエタも両方ともおとうさんと遊ぶ順番待ちをするようになりました。

ティエタが遊んでいると、その横でじっと待つ、アレックス。
アレックスが遊んでいると、ちらちら時計を見るような様子で、じりじり待つティエタ。

で、結局貧乏くじをひいたのは、、、、、そう、おとうさんでーす。
[PR]
by tieta4u | 2006-06-19 03:20 | Alex
<< 部分の美しさ 遠慮を忘れるアレックス >>