裏山の牧牛猫

家の裏山は牛の放牧地です。


f0068385_22343697.jpg





まだ一歳にならない若い雌牛ばっかりで
採乳する必要がないので、ず〜っと牧地にいます。


f0068385_22355890.jpg





牧羊犬ならぬ牧牛猫登場


f0068385_223716100.jpg





しかし 牛たちの関心はもっぱら人間に集中
おかあさんを見つけると


f0068385_2238282.jpg





こういう具合にどどどっと走ってきます。


f0068385_22395752.jpg





この辺でちょっと止まってリスク確認


f0068385_22404794.jpg





しかし 好奇心には勝てない


f0068385_2242671.jpg




おすなおすなの大ギャラリー


f0068385_22432020.jpg





じ〜っ


f0068385_22441910.jpg




そして 必ずこういうヤツが出てくる。


f0068385_2249938.jpg





カメラというのは珍しいもののようです・・・


f0068385_22504247.jpg




そのうち 本当になめられないように気をつけよう。



前回の更新の写真の花はGeranium phaeumというジェラニームの一種のようです。
ocelotさんがお友達にきいて教えてくださったのですが(歩くデーターベースのocelotさんより詳しい人がいるんだ〜。世の中広い・・・)、日本では、黒に近い濃い紫色が人気で、「黒花フウロ」と呼ばれているそうです。ocelotさんありがとう。クリスマスローズ種取りセットしてますよ〜。






知人の友人がパリで個展を開きます。
山口裕美さん
2000年に19歳で亡くなった
脳性麻痺だった娘さんの天音さんの
ねじれた肢体の美しさを描いた銅版画です。

パリ在住の皆様
ぜひ見に行ってくださいね〜


f0068385_22521493.jpg






ちなみにvernissageは6月6日18時から
私も行っておりますのでオフで会える機会のある皆様は、どうぞお出まし下さいませ。
あ、ただしティエタは行っておりません^^ ;

こちらがご紹介です。

A l'Atelier Sienne
99 rue de Vaugirard 75006 Paris
contact : 06 07 15 15 88
atelierssienne@gmail.com
Du 6 au 11 juin 2012 de 15h à 20h
Vernissage Mercredi 6 juin à 18h


こちらは日本語での裕美さんの絵の紹介動画です。
とっても素敵ですよ。
ぜひご覧くださいませ。



牛だろうが羊だろうが人間だろうが
監視は自分の役割だと思っている
毎日過密スケジュールのティエタを応援してくださる皆様方は
こちらをポチポチッとして行ってくださいませ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ




こちらは、ご紹介です。

Farm Arcadiaはボランティア団体が経営する日本で、いや世界で初めての、被曝した家畜を最後まで生かす経過観察飼育牧場です。
警戒地区内で今も残っている家畜やその他の動物の保護を目指しています。
詳しくはこちらをご覧ください。


[PR]
by tieta4u | 2012-06-03 22:56 | Tieta
<< 二人の相談事 新しい玉座 >>