「ほっ」と。キャンペーン

えんやこら



昨日の記事のティエタの獣医さんですが、フランスでも獣医でホメオパシーというのはなかなかいません。
人間のお医者さんなら一杯いますけど。
この獣医さんを探すのは大変だったんですが、Boironというホメオパシーの薬を開発した会社にメールをだすと、即返事がきて、リヨン近辺のホメオパシーの獣医さんのリストを送ってくれました。
ティエタの獣医さんはこの他、鍼なんかもしてくれるんですよ~^^
あ、フランス人の獣医さんです、もちろん。

ワクチンもフランスでも普通は一年一回です。
この獣医さんと相談したところ、え~と確か、1回目と2回目の間は一年でないとだめだけど、それ以降は2年に一回でいい、と言われました。それで、2年に一回です。





さてさて



暑さが厳しいこの頃はティエタの散歩もはかどりません。
これを称して、散歩と言えるか?
3歩進んで、べったり座り込むのみ。


うう~・・・・そろそろ 帰りたい・・・

f0068385_52525.jpg





チラッ
「しら~ん」

f0068385_5253494.jpg





よしっ それなら

f0068385_526356.jpg





え~んやこら

・・・やらせではありませんよ~
いちびりのおとうさんはしょっちゅう こういうことをやっておるのです^^;

f0068385_526341.jpg





もちろん 全然動ぜず。

f0068385_527899.jpg





f0068385_5273697.jpg





結局は元のもくあみ

f0068385_528699.jpg





f0068385_5283494.jpg





f0068385_529394.jpg






だったら出て行かなくても
キャットランで寝転んでればいいじゃないか
と思うんですが
なかなかそうはいかないようです。

犬だったら夏でもたったか歩くだろうに
やっぱり猫は散歩にはむかんで~
と つくづく思う
おかあさんを応援してくださる皆様は
こちらをポチポチッとして行っていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ




いつもありがとうございます



ええっと
一昨日の新しい家の環境についてのご質問ですが
こんどのところは、標高1300メートルです。
近くに見えている山々はVercors(ヴェルコール)といいます。
2000から2500メートルくらいかな・・・



f0068385_514720.gif


ツナちゃん、里親募集中です。

キジトラ×白柄。およそ4~5歳の♂。
とても人懐こい子です。

f0068385_526668.jpg





生涯家族として、室内で飼って頂ける方を求めておられます。
できれば東京近郊を希望されていますが、西日本、関西方面の方も相談にのってくださるそうです。

詳しくはライナス日記をごらんください。
[PR]
by tieta4u | 2010-07-14 05:33 | Tieta
<< だましだまし・・ 石臼で休憩 >>