「ほっ」と。キャンペーン

ティエタ防衛作戦



毎年この季節になると、モコモコもぐら塚が登場します。
ひどい時はそこらじゅう穴だらけで月の表面のようです。
そして、どうやら、この坑道を野ネズミが利用するらしいです。

この前ブログに登場してもらったブレローの坑道にもキツネがちゃっかり住みつくみたいだし、自然界にもひたすら努力型と他力本願型があるんですね~

私はもちろん・・・













さて、他力本願の野ネズミにも頭の痛い問題が・・・


ティエタは彼らにとっては災害のもとです。
どうやったら、あの爪と牙の攻撃を避けられるか・・・



穴の入り口では鈴付き首輪を囲んで、井戸端会議、あ、違うのか、坑道防衛作戦会議のまっさいちゅうです。




f0068385_3151712.jpg







野ネズミの頭のなかには、鈴つきの首輪をつけたおとうさんのイメージがちらほらしているのかも

しかし、それを誰がつけるかという問題が残っておりますね。





・・・・嫌ですよ、私は。

なんぼなんでも・・・





そろそろ色んな動物が冬眠から醒める頃。
ティエタのハンター精神も目覚める頃です。


ティエタ対策に頭を悩ます
アニマルファームの小さい動物たちを応援してくださる方々は
こちらをポチポチッと押して行ってくださりませ。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

いつもありがとうございます!



お知らせです。


キャンプ猫Gaviちゃんのところで知りましたが、熱海初島で15年以上前にネズミ駆除のために連れてこられた猫たちが、ネズミがいなくなり、必要性がなくなってということで、餌を絶たれ、餓死においやられているそうです。

犬猫ホットライン」の方々が去年からレスキューを開始なさっているそうで、寄付や物資の支援を募っておられます。

犬猫ホットラインこちらとできれば両方読んでいただけると、全体像がつかみやすそうです。




里親募集です。



名前はつよし君。

f0068385_3225818.jpg




推定一歳すぎのとても甘えん坊の性格のよいかわいい男の子です。
去勢手術、血液検査済み(白血病もコロナウィルスも陰性)。

ペット不可の集合住宅に住まわれている方が最初に保護され、
その後supitenさんが引き継いでお世話をされています。
supitenさんのお宅にはすでに心臓の問題をかかえた子を含めて3頭の猫がいるので、先住猫のことを考えて、里親さんを探すことに決められました。

supitenさんは兵庫県にお住まいですがこの子は車が平気なようなので車で連れて行ける地域ならどこまでもお届けして下さるということです。


詳しくはsupitenさんのブログ ねこまみれ をご覧ください。
[PR]
by tieta4u | 2009-01-26 03:24 | Tieta
<< もふもふお尻の不思議 目覚めるアニマルファーム >>